住宅ローンを組む

太陽光発電の家

大阪の枚方市で新築一戸建て住宅を建築する場合、最低限準備しておきたいことの1つが、お金になります。もし、十分なお金があれば問題ありませんが、そうでなければ住宅ローンを借りることになります。住宅ローンを借りる場合には、いくら金融機関の方で貸してくれるからといって、確実に返済できるお墨付きをもらったわけではありません。もちろん、金融機関としても返済できない相手にお金を貸す事はありませんので、概ね返済できるような金額に設定しているのです。ですが、将来の予想は必ずしも当たるわけではありません。例えば、返済する側が重い病気などになった場合には、働くことができなくなり住宅ローンの返済が滞ってしまうことがあります。そこで、かなり余裕を持って返済するのが良いでしょう。返済するときの基準ですが、今まで賃貸住宅を借りていた場合は賃貸住宅の毎月の家賃よりも20,000円位少ない金額設定した方が良いです。なぜなら、住宅を手に入れると修理費用や固定資産税等を全て自分で負担しなければならないからです。賃貸住宅とは違うことを頭に入れておきましょう。それ以外では、引越しの手配などを完了させておきたいところです。住宅の建築完了の予定日は来ることがありますので、少し余裕を持って引っ越しの手配をしておきましょう。例えば、その年の5月に完成予定ならば6月から7月に設定しておくと良いでしょう。入居が遅くても問題ないならば、余裕を持つのが1番です。

場所は妥当か

一軒家

これから、枚方市で新築一戸建て住宅を建築するならば、場所が妥当かをよく考える必要があります。賃貸住宅を借りる場合と異なり、一度住んでから場所に不満を抱いても、簡単に引っ越すことができないからです。そこで、会社に通勤するときや通学するときに駅を使う場合は場所の確認が必要になります。また、近くに病院やスーパーマーケット等がないかをよく確認しておくべきです。さらに重要な事は、周辺の地域の治安になります。週末などは治安が良くなる場所はありますので、確認しておく必要があります。

地盤に気をつける

部屋

最近は、日本国内で多くの災害が発生していますが、その中でも注意しておきたいのは地震や水害になります。地震は、地盤が弱いところだと建物が崩れてしまう恐れがあるからです。もちろん、耐震性の高い住宅が建築されていますが、いくら建物を耐震性を高めても住宅の地盤自体が弱ければあまり強みを発揮しません。また、水害が起きた場合低地だと水が溜まりやすい可能性があります。枚方市で出している災害マップなどを見ながら、新築一戸建て住宅の場所を定めることが大事です。