HOME>特集>買うのか借りるのか

瑕疵という法律

久留米にて、マイホームを建てる考えがあるのなら、土地を探すことになり、それらには様々な法律が絡むこともあり得る問題です。例えば、請負人の仕事ぶりに関する欠陥が発覚することがあり、適用のある瑕疵の種類では、土地の工作物または地盤の瑕疵です。注文主に引き渡されてから五年、請負人が担保責任を負う期間が設けられています。追及できる内容は損害賠償、瑕疵修補請求です。

敷地を借りる

久留米には、借地権付住宅も取り扱われています。借地上に建てた建物で、建物は自分所有ですが、土地は借地、つまり他人の土地で、賃借権が適用されています。ここにも、地主と借地人との間には借地借家法が絡んでいます。

更新で住み続ける

土地の賃借権には、契約期間満了後も契約更新ができる普通借地権と、更新を認めない定期借地権の2種類があります。久留米では普通借地権に注目が集まります。期間満了した後も、借地上にマイホームが存在する限り、借地人が望めば、地主が更新を拒絶したい旨を伝えても、自分が居住用としない限りは拒絶できません。

税金がかからない

久留米にて土地を探すことなく、しかも購入しないため、税制の面でも土地の不動産取得税や登録免許税、固定資産税がかからない点で住宅購入者にはメリットばかりです。もちろん、賃借料は必要ですが、土地の価格分が不要なので、広い住宅を手にできます。